ゆうパックおてがる版をローソンで試してみた
おぉ、ヤフオクに出してた音楽機材が売れたわ!
.
.
.

ヤフオクで落札されたので、発送しないといけません。

どうやって送ろうかな?と画面を見ていたら、「ゆうパックお手軽版」というのがめにとまりました。

へぇー、ゆうパックお手軽版? しばらく見ないうちに、こんなんできてる。

詳細↓↓↓

えーと、今回は60サイズを兵庫まで送りたいから、600円か。
なかなかいい感じじゃない^^

でも・・・

  • 面倒くさいと嫌だな・・
  • 支払いはいつするのかな
  • どこから送るん?

と不安でした。

結論から言うと、ゆうパックお手軽版は、楽チンでナイスなシステムでした。

この記事は、ゆうパックお手軽版を使ってみた感想を書きます。

ヤフオクでの発送にゆうパックお手軽版を使ってみようかな?と考えているそこの「あなた」
どうぞ参考になさってください。

では、まいります!

どこから送るの?

調べると、郵便局と、ローソンから送れることがわかり、近くのローソンから送ることにしました。

ゆうパックお手軽版をローソンから送る手順

pcでの操作

  • 落札後のヤフオクのマイオク画面でゆうパックお手軽版を選択
  • 二次元コード(QRコード)が表示されます。
  • これをスマホなどで写メをとるか、プリントアウトします。
    パソコン画面をプリントアウトしたもの。

実際の操作

  • 梱包した荷物と、二次元コードをローソンにもっていき、ロッピィーに読ませます。
    すると、送り状が発行されます。
  • 送り状と荷物を持ちレジへ・・
  • 店員さんが袋をくれますので、その袋に送り状を入れます。
  • あとは、店員さんに荷物を渡して終了。(荷物のサイズの決定や、料金の支払いはここではしなくてよかったです。)

料金の支払いはいつ?

送料はおいくらですか?

料金は必要ありません。

えっ?無料?

まさかそんなことはないだろうと、自宅に帰りネットで調べると・・

  • ローソンに預けた荷物は一旦郵便局に送られる
  • そこで、サイズがきまり、送料が決まる
  • ヤフオクのHPでシステム利用料に送料が加算される

というシステムのようです。

後日、実際にPCに反映されてました。
↓↓↓

この料金がヤフオクのシステム利用料に加算されるんだね。
でも、きちんと60サイズに収まってよかったー
送る前にちゃんと測らなかったからちょい不安だったんよ・・(送る前にちゃんとサイズ測ることをオススメします。)

まとめ

ゆうパックお手軽版は、宛名を書かなくていいのはラクですが、落札者様の名前などを手書きしている時のあの感覚が味わえないのは少しさみしいとも感じました。

メルカリもいいけど、ヤフオクもまだまだイケるなとかんじました。

ゆうパックお手軽版でローソンからの発送はとっても楽チンだったと言う記事でした。

読んでくれてありがとうございました!